スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ダーク・バイオレッツ

読み終わりました―
案の定5巻が短編集みたいな感じでした(

チャンスなさすぎな絶望感がいい感じでした
ヒロインの武器(というかヒロインしかもてない武器)が生命力を吸い取るものだったんですが
30発ぐらいしか撃てないってのがおお・・・って感じですね
本来生命力を吸い取る武器とかってこういうもんだよなあ( バンバンうちまくってるやつおかしい(
まあ敵が生きてれば敵から生命力を吸い取ってるのかもしれないですが。
この本敵幽霊だしね。
お気に入りのキャラは千沙さんと山内さんです
千沙さんはヘタレ過ぎるところがいいと思います
山内さんもヘタレ過ぎるところがいいと思います

敵に命乞いして仲間からなにも責められないってのは・・・
つらいだろうなあ・・・と思ったり思わなかったり

まあ終わり方はありがちなかんじ。
それにしても現代日本舞台の割に人が死にすぎだw
いや・・・死んだっていうか行方不明なんだけど・・・

久々に主人公がまじで雑魚(ギリギリ勝つスタンスだけど)だったなぁ

授業中に読むには最適な本でした

  

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://raupo.blog73.fc2.com/tb.php/432-a11c8aba