スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 未知との遭遇

昨日の夜中、所謂草木も眠る丑三つ時ってやつだが
そいつは突然現れた。何の予告もなしに。

俺は本、世間一般でいうラノベというやつを読んでいた。

ここまでなんかお話っぽく書いたけど俺には無理だと悟った
とりあえず、電燈のとこで音がしたんですよガシンって
んで、視線を送りますよね
が、自分ラノベ読み終わったらすぐ寝れるようにメガネはずしてて遠くが見れなかったんです
でも、確かに黒い物体がざわっと動いたのを見た
もうひえええってなって即効メガネかけた
そしたら壁に黒いのがひっついてんの。
どう見てもゴキブリです、本当にありがとうございました

とりあえず、写真撮ろうかと思ったがその写真は何に使うのかさっぱりわからなかったのでやめて
その辺にあったチラシを丸め、台所で洗剤を取ってきて準備万端(笑)
壁にとまってるやつを1発ベシン!ってやったけどボトッっておちただけ。
PCデスクのたなのところにいったのでもう一発やろうとしたけどまた逃げられて。
んで下のほうに行ったと思って下に注意を向けてさっきまでいた棚のファイルを動かしたら
ゴキブリもいた。情けない声がでた(ほわぁみたいな)
んで、そのままチャットで動揺をおさえて(全く抑え切れていなかった)
決めた
もう一回ちょっかいをかけて、ぶち殺すかロストした時点でラノベを読む作業に戻ろうと。
勇気を振り絞り、悲鳴を出す準備をして棚にアッタファイルを動かしたが
いなかった。なにこれこわい。

まあでも、いないしもういいやってことで友達からもらったコンバットを無造作にしかけ
ラノベ読んで寝ました。

いやー実際目の当たりにすると怖すぎだわ
ガチで震えてたもん
こっちに向かってこなかっただけあいつはいいゴキブリだと思う
ていうかもうちょっと小さいと思ってたのにあの大きさはない。えげつない。
ああ、いつも壁にいるハエトリグモちゃんちっこくてかわいいよはぁはぁ
流石にハエトリグモじゃゴキブリ(完全体)はくえねーなーwww逆に食われそうw
ちっこいゴキブリの幼虫を食べてくれることを願う。

そして久々に長文の記事がゴキブリっていうところに俺は驚きを隠せない
なにかゴキブリには因縁がありそうだ。ないけど。

  

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://raupo.blog73.fc2.com/tb.php/253-d042d8fc